生態系とは?分かりやすく定義まとめました

生態系とは?分かりやすく定義まとめました

生態系という文字は、生態の体系という意味です。英語にすると、エコシステムと呼ばれます。

生態系とは4つの基本的な構成要素があります

生産者・消費者・分解者・無機的環境の4つが基本的な構成要素。

より簡単な言葉を使えば、動物、植物、微生物、水、大気、土、太陽エネルギーで構成させる空間を言います。

分かりやすく言えば、世の中にはどんな生態系があるの?

生物が住んでいて、その生物が別の生物を消費し成り立つあらゆる環境を生態系と言うことができます。

そう考えると、以下はすべて生態系です。

・海
・湖
・川
・池
・山
・丘
・森
・林
・草原
・砂漠
・都市

また、数滴の水たまりも生態系と言えます。その水たまりの中で生き物たちが生きていく世界が出来上がっているのであれば、立派な生態系なんです。

「地球」や「宇宙」など、大きな生態系ということができます。

生態系は「環境と生物の間で絶えず物質やエネルギーが行き来した世界」です。

無機的環境
・温度
・湿度
・光
・水
・大気
・土壌

これらの中で、生物は生きていきます。

・植物の光合成
・動植物の呼吸
・微生物による有機物の分解

これらの活動から分かるように、「無機的環境⇔生物」の間で、物質やエネルギーが絶えず移動しているのが生態系と言うことが分かりますよね。

生態系は明確な境界が存在しません

生態系は生物が住んでいるあらゆる環境のことですが、他の生態系からの影響を受けます。

完全無欠の自然なはっきりとした教会を持った閉鎖的な生態系は存在しません。

人間の食生活にしても、海の生態系の状況によって、食べられる海の幸は違います。自分の住んでいる生態系は、いろんな生態系が相互関連して、1つの状態に達します。

生態系の「生物群集」と「個体群」

生態系では、ある一定の場所に生息する様々な生物たちを合わせて「生物群集」と呼びます。

また、生物群集は、たくさんの種類の個体群の集まった世界です。

アリたち=個体群
アリ(一匹)= 個体

こういった考えです。アリたち、カマキリたち、コオロギたちのような個体群の集まりが生物群集になります。

生態の生物は「独立栄養生物」と「従属栄養生物」の2つに分類される

独立栄養生物は、生態系のエネルギーの受け入れ口になる生物です。太陽の光エネルギーから有機物を合成し、生物が利用可能なエネルギーに変換する役割を担っています。

独立して栄養を作れるので「生産者」と呼ばれます。陸上では緑色植物、海の中では植物プランクトンが独立栄養生物に当たります。

従属栄養生物は、生産者の作り出した有機物に直接あるいは間接的に依存している生物のことです。

物質循環に果たす役割から「消費者」や「分解者」に分けられますが、両者の間に明確な区別はありません。一般的には…

・消費者=動物
・分解者=菌類、細菌類

になります。

生態系で起こる相互関係について

生態系の中では、日照時間、降水量、気温、湿度などの1つ1つの状況が組み合わさり、独自の環境を作り上げます。

そして、生態系に住む生物間では、

・捕食
・中立
・競争
・相互共生
・片側共生
・規制

と呼ばれる基本的な相互関係を持つことになります

中立は要求の重複も起こらずに(起きにくく)、互いに影響はない関係性です。競争は要求の重複が大きく一致する重複することで、共存が不可能になり、食い分け、棲み分けを行うケースが出てきます。

相互共生は共生することで、両者が利益を受けることで、片側共生とは、片方が影響を受け、片方が無害なことです。奇生は生物の体内や体表で生活し、害を与えることです。

最後に

以上、生態系とは何かについて、分かりやすくお伝えしてきました。

生態系について深く考えてみると、人間も様々な生態系と絶えず接して影響を与えていることが想像できますよね。

・地球温暖化
・水質汚染
・酸性雨
・土壌喪失
・富栄養化
・外来生物

これらの問題は人間としての問題よりも、生物における地球の生態系を揺るがす問題です。

エコロジーという言葉がありますよね。エコロジーは、生態学を意味する英語で、人間と自然環境とのバランス,さらに物質循環との相互関係を,人間は生態系という有機体の一員であるという視点からとらえた学問です。

私たちが日常から、自分たちの活動と生態系についての想像力を膨らませることで、よりより地球を創っていくことができるかもしれません。ぜひ、今回の記事も参考にしみて下さい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK