ゴミの捨て方の極意。ゴミがゴミと思わなくなる5つの捨て方

ゴミの捨て方の極意。ゴミがゴミと思わなくなる5つの捨て方

「ゴミ」と呼ばれるものは汚いイメージがありますよね。現にゴミは捨て方次第でゴミ袋に詰まった状態でかなり汚くなります。

逆にゴミは捨て方を気を付ければ、家にあっても、ゴミとは思えないくらい綺麗な状態を保ちます。

単に家に不要になって、ごみ捨て場へ持っていく資源たちが家の中にあるという状態。ゴミ袋が1つの収納となり、ゴミ袋の中を見ても、気分がすっきりと良くなります。

そこで、今回は、誰でもできるゴミの捨て方の5つのテクニックをお教えしていきたいと思います。

1、水で流せる汚れは、流そう

食べ物のパッケージの内側についているソースの汚れなど、水で洗い流せるものは、サラッと流します。この積み重ねだけでも、パッケージ類のごみは、ごみのようなに匂いもしなければ、嫌悪感のある見た目もなくなります。

2、乾燥した状態で、ゴミ袋に入れよう

できれば、水気を飛ばすと、ゴミ袋の中は、本当にゴミっぽさがなくなります。日に乾燥させてもいいですし、水気をふき取るゴミ捨て専用のぞうきんを作ってもいいでしょう。

流せる汚れは流して、乾燥させてゴミ袋にゴミを入れるだけで、ちょっとガサツな人の散らかったカバンの中よりもキレイになっているでしょう。

3、くしゃくしゃにせずに、綺麗に潰したり折り畳んだりして捨てよう

「捨てるもの=ごみ」だと思ってくしゃくしゃに丸めたり捨てると、一気にゴミ感が増します。なるべく、ペットボトルであれば、同じ潰し方で均一したり、紙くずはキレイに折り畳んて捨てましょう。

すると、ゴミ袋の中の収まりが良くなるため、非常に綺麗で清潔なイメージを持つことができます。

4、適当に投げ入れるのではなく、袋の中に並べるように捨てよう

ゴミ袋に投げ入れるのではなく、ゴミ袋の中に並べるようにして、ゴミを捨てましょう。ゴミ袋も1つの大切な収納という認識を持つことで、ゴミを綺麗に保つ精神が宿ります。

5、汚れが取れそうにないごみは、別のごみで包もう

ゴミによっては、水で洗い流すには逆に負荷が掛かるものもあるかと思います。そういった場合は、汚れが取れないゴミは、別のゴミで包んで、コンパクトな形にしましょう。

これで、外からはゴミの汚れが目立たずに、汚れによるニオイもブロックされやすくなります。

最後に:綺麗にゴミを捨てれば、部屋が綺麗になっているのを強く実感できるようになる

以上、ごみの捨て方のテクニックをお伝えしてきました。おそらく、誰にでも簡単に取り組めるものばかりだったと思います。

後は、個人差があると思いますが、

・精神と時間の余裕
・ゴミ箱のスペースの余裕

この2つが、ゴミ捨ての質を保つには非常に大事です。

綺麗なゴミ捨ては、回収からリサイクルの負荷を手助けることにも繋がりますが、何よりも自分の部屋が綺麗であることを強く時間できます。

「家にゴミが溜まっている」という認識が外れるからです。今回の記事もぜひ、参考にしてみて下さい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK