eco検定って何?eco検定は取得したらどうなる?

eco検定って何?eco検定は取得したらどうなる?

環境リテラシーを高めるきっかっけとして使えるのがeco検定

eco検定の最大のメリットは「環境意識が高くなる」ことです。
資格合格のハードルは、2017年、2016年共に合格率が70%を超え、非常に低いです。

いわば、受けたら受かる資格とも言えます。

さらに、合格者の約70%が「2ヶ月以内」で合格している点も、資格に対する取り組みやすさが伺えると思います。

しかも、資格試験は、マークシートによる選択問題のみ。

アウトプット作業ではなく、単にテキストを読み続け、リテラシーを磨けば、なんとなくでも正解できるようになります。

環境についてあれこれ語れるようになるレベルになる資格というよりは、環境問題全般についてのリテラシーを高めるのもが、eco検定なのです。

eco検定をきっかけに深堀りしたいジャンルに取り組む

例えば、eco検定で公害について興味を持ったします。公害については、「公害防止管理者」という国家資格があり、学歴、年齢、実務経験等の制限は一切ありません。

eco検定を受け、そこで興味を持ったあるジャンルについてさらに専門性を高め、難易度の高い資格に合格するということは、そのストーリーを含め、就職活動などの場面で役に立つと言えます。

eco検定に合格すると「エコピープル」サイトへの登録が可能に

eco検定に合格すると、エコピープルに登録することができます。エコピープルはコミュニティ的働きをしていて、

・エコピープルのメールマガジンの購読
・エコピープル限定割引が受けられる
・エコピープル内の交流会・イベント・セミナーの参加
・エコピープルでの自分の活動を告知

というメリットがあります。積極的にイベントに参加することで、自分の日常では会えない人脈を広げることができる可能性もあります。

参考:「エコピープル支援協議会」

模範となるような環境活動を実践しているエコピープルには「eco検定アワード」で賞が与えられる

企業だけでなく、団体や個人の方が、eco検定アワードで賞を受賞しています。大学院生やミュージシャンなど、自分の特徴を生かした環境保全活動をしているようです。

環境に関して、真摯に向き合った証をeco検定アワードで残すことも可能です。

参考:「eco検定アワード」

最後に

以上、eco検定って何?eco検定は取得したらどうなるのか、分かりやすくまとめてみましたが、いかがだったでしょうか?

検定は何のために受けるののか、そして、受けた後はどのように生かすのか、その点を見極めると、より自分を上昇させる使い方ができるはずです。

知的好奇心を刺激するためだけに受けるのも、もちろん、良い事です。純粋に資格の勉強を楽しむことで、新しい発見だったり、本当にやりたいことが明確になったりしていきます。

ぜひ、今回の記事も参考にしてみて下さい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK