わが子のために考えておきたい5つの環境、子供もが変わる、子供を変える環境とは?

わが子のために考えておきたい5つの環境、子供もが変わる、子供を変える環境とは?

時代が進むにつれて、私たちの生活は、複雑化、高度化、多様化、高速化していると言われています。

多くの価値観がぶつかる環境の中で、複雑なシステムと高度なテクノロジーの中で、スピーディーな対応が求められる社会になっているのです。

これは子供の成長にも同じことが言えます。子供はこれまでよりも、多くの価値観がぶつかる環境の中で、複雑なシステムと高度なテクノロジーの中で、スピーディーに生活をしていくことになります。

つまり、子供がきちんと育つということに対しても、それなりのリスクがある時代にあるということです。

環境には、世代間倫理という言葉があります。
世代間倫理とは、、年齢の異なる世代や生存していない過去・未来の世代の間で、義務や権利、倫理を主張する考え方です。

特に少子化が進む日本では、未来の世代に対して、きちんとした対応をすることが、より過ごしやすい日本を作ることに繋がります。

そこで今回は、親や先生方へ知って欲しい子供もが変わる、子供を変える5つの環境について説明していきます。

1、家庭環境

家庭環境は、子供の人生の行動指針を培う場所で、最も根本的な性格が形成される場所です。また、外のコミュニティで人生が好転していないときの最後のセーフティーネットになります。

拘束し過ぎに、親として家庭のリーダーシップを取りながら、子供を指揮しながらも、子供の個性を尊重し、反れそうなタイミングでは、親としての采配が問われます。家庭内で小さな失敗を沢山乗り越えて、自分で考えて努力し続けるような体質を身に付けることができれば、外の危ない環境を乗り越えて、すくすくと育ってくれるでしょう。

2、教育環境

教育によって、新しい知識やスキルが身に付き、達成感を覚えて、末来に対する積極的な活力を見出す習慣を身に付けることができます。

また、教育とは、その分野に対する価値観を受け入れ、リテラシーを磨く機会でもあります。子供に合わせた教育も大切ですが、子供に新たな価値観を投入し、他の価値観と上手に向か合う力を付けることも大切です。

3、地域環境

地域がどのような環境にあるのかで子供の成長は影響を受けます。例えば、学校へ登校するだけでも、家から学校まで多くの環境に触れるわけです。また、地域の環境に触れるだけでなく、地域の人との交流も自然発生するわけです。

地域の環境がその子供の一日に少なからず介入し、それが積み重なって、子供の成長に影響を与えるのです。住んでいる場所に何があり、どのようなことができるのか、自分の地域を知ることが子供の成長の鍵を握ぎる要因の一つとなり得るのです。

4、交友環境

どんな友達ができるのか、友達の価値観や行動は、子供の価値観を大きく変えるキッカケになります。クラス、部活、習い事、恋愛、先輩、後輩…多くの交友関係によって、子供の価値は日々、絶えず進化していくのです。

親から見て難しいのが、子供がリスクの高い交友関係に居た時です。友達を完全否定して切り離すことは自分の子供のアイデンティティを否定することになります。子供が自分で考えて行動して、大きく踏み外さないように、土壇場で引いたり、その友達を良い方向に導けるように、育てられるとベストだと言えます。

5、情報環境

子供がどんな情報に触れるかによって、子供の人生が変わるのは言うまでもありません。情報化社会の中で、情報が溢れて、絶えず膨大な情報に触れる中でも、親として子供が好奇心を持ちそうな情報をピックアップして、自然に刷り込むことも子育てのノウハウの一つです。

スマートフォンやインターネットによって、子供が「らしくない情報」に触れることはもはや不可避です。不要な情報の閲覧を防ぐことも重要ですが、不要な情報に興味を抱く時間がないくらい打ち込める情報などを注いであげると、子供は健やかに成長します。

最後に

以上、わが子のために考えておきたい5つの環境について説明してきました。
エコラシーで取り上げる環境問題とは一味違った記事となりましたが、環境問題とは個別に取り出せるものではなく、すべてが繋がっています。

子供だけでなく、大人の成長にも言えることですので、ぜひ、自己成長、相手の成長について考えている方は、今回の記事を参考にしてみて下さい。

コメント01163 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK