世の中に「ビニール袋は存在しない?」。ビニール袋のホント

世の中に「ビニール袋は存在しない?」。ビニール袋のホント

皆さんはご存知でしたか?私たちが使っているビニール袋、実はビニールで作られていないんです。

一般的にビニールとはポリ塩化ビニル(polyvinyl chloride、PVC)を指します。
つまり、ビニール袋とは、ポリ塩化ビニル製の袋でなければなりません。

しかしながら、私たちは便宜上、ポリ塩化ビニル以外の軟質プラスチックも全て「ビニール」と呼んでいるのです。

私たちが使っているのは、ビニール袋ではなく「ポリ袋」なんです!

201610-02-02

私たちが「ビニール袋」と呼んで、普段から使っている袋は、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリエステル、ナイロン等のプラスチックが材料です。

ビニール(ポリ塩化ビニル)が使用されることはごくまれにしかありません。

仮にビニール袋が本当のビニールであったとして、使われるのは「ポリ塩化ビニル」。でも、実際は、ポリエチレン、ポリプロピレン、ポリエステル。

頭文字にすべて「ポリ」が付いていますよね。なので、ビニール袋は、「ポリ袋」と呼べば、誤用を避けることができます。

ザ・ビニール(ポリ塩化ビニル)のもの!

201610-02-03

このあひるの人形もポリ塩化ビニルです。

ビニールハウス

201610-02-04

ポリオレフィン、フッ素樹脂製のものもあります。

ビニール傘

201610-02-05

ポリビニルアルコール製。ポリエステル製のものもあります。

ビニールシートも、ビニールじゃないの?

201610-02-06

厚手のものはビニール製のものが多くありますが、ブルーシートはポリエチレン製、レジャーシート、ピクニックシートはポリプロピレン製になります。

バイナルグラフィックスのバイナルはビニールのこと

201610-02-07

塗装をせずに、カッティングシートなどを使って車やバイクなどをデザインすることを、バイナルグラフィックスと呼びます。

海外発祥のバイナルグラフィックス。バイナルはビニールの英語的な発音です。ビニールグラフィックスと言わないのは、海外で名付けられ、呼ばれているものが、日本に入ってきたからです。

最後に

何気なく使っている言葉は、本質から遠ざかり、別のイメージを作られ、定着すると、そのイメージから抜けられなくなります。

共通言語として「ビニール袋」という表現を使い続けることは悪いことではありません。

しかし、本質に立ち止まれる時は、その本質に向き合ってみることも大切ですね。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK