メキシコシティ:世界で二番目に多くゴミを出す街

メキシコシティ:世界で二番目に多くゴミを出す街

Mexico City:The second city in the world that generates more waste.

ニューヨークシティに次いで多くの固形廃棄物を生み出す街

メキシコシティは世界で最も人口が多い街の一つですが、“Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)”という雑誌に掲載されていた調査報告によると、ニューヨークシティに次いで多くの固形廃棄物を生み出す街でもあります。

この報告書によると、メキシコシティの住民は毎年1200万トンのゴミを捨て、ニューヨークシティの住民はその三倍近くにも及ぶ3300万トンのゴミを毎年捨てているそうです。しかし、さらに他の要素をも考慮すると、ニューヨークシティには1900万人の住民がいる一方で、メキシコ盆地にある主要都市領域を除いてメキシコシティには900万人しかいないのです。

Mexico City, also one of the most populated cities in the world; it’s also one that generates more solid waste worldwide, just after New York City, according to an investigation from the magazine Proceedings of the National Academy of Sciences (PNAS).

According to this report, the inhabitants of Mexico City dispose around 12 million tons of garbage each year, while New York almost triplicates this number with around 33 million tons during the same amount of time. To consider more factors, New York has around 19 million of inhabitants while Mexico City has only 9 million, without considering the Metropolitan zone from the Mexico Valley

201612-04-02

SEDEMAによると、メキシコシティには8つの堆肥化施設があり、そこで有機廃棄物を処理していますが、最終廃棄物を廃棄する場所がないためLa Cañada, Cuatitlan, El Milagroのような首都の周辺の地域(メキシコ州)に固形廃棄物を放棄せざるをえないようです。

The Secretary of Environment (SEDEMA) says that Mexico City have 8 composting plants, place where they put the organic waste but also they don’t have a final location to dispose the final waste so they’re putting the solid waste in places like La Cañada, Cuatitlan and El Milagro, located in the State of Mexico (state that surrounds Mexico City) and the state of Morelos

201612-04-03

ゴミの収集サイクルを統制する公共政策が存在しない

もちろん、今まで何も対応策が取られてこなかったため、より廃棄物を処理・リサイクルするための強力な政策を打ち出すよう政府から要求されていますし、また、首都の廃棄物がメキシコ州各域に廃棄されていることは環境危機を象徴しているため国全体で懸念されています。メキシコシティにはおよそ2500のゴミ収集トラックがあり、そのうち200がゴミを捨てるためにメキシコ州各域へと向かいます。ゴミの収集・処理・廃棄そしてリサイクルのための努力は、これを統制する公共政策がないために存在しないと言っても過言ではない状態です。

Of course there’s a necessity from the government to implement more aggressive policies in matter or collecting, treatment and recycling of some waste because until now no action has been taken, also the State of Mexico it’s concerned because all the waste from Mexico City it’s being disposed there, representing a danger to their environment. Mexico City has around 2,500 collecting trucks and 200 of them are going to the State of Mexico to dispose of the waste there. The efforts for collection, treatment, disposal and recycling are almost inexistent because there are no public politics regulating this.

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK