ウイルスと細菌はどこが違う!?ウイルスと細菌の違いについて

ウイルスと細菌はどこが違う!?ウイルスと細菌の違いについて

いきなり大流行して私たちの健康を脅かすインフルエンザやノロ。これらはウイルスの感染によって発症します。ウイルス感染は細菌による感染と同じように考えられがちですが、実はウイルスそのものの性質も構造もぜんぜん違います。

では、細菌とウイルスの違いはどこにあると思いますか?今回は、私たちの健康にとても関係のあるウイルスと細菌の違いについてお伝えしていきます。

ウイルスとは?

ウイルスの特徴

・ウイルスの大きさは細菌の100分の1
・細菌よりもかなり小さい
・自己繁殖することができない
・ヒトの細胞の中に侵入して増殖する

有名なウイルス

ノロ、ロタ、インフルエンザ、アデノ、コロナ、麻疹、風疹、肝炎、ヘルペス、HIV。

ウイルスに対抗するには?

体に感染したウイルスを抑えるためには、ウイルスの特徴である「細胞の中で増殖する働き」を抑制させる必要があります。有名なウイルスであるHIV感染症の治療薬も同じ仕組みで作られます。

知っておきたい抗生物質と抗ウイルス薬の違い

抗生物質とは、カビや放線菌などの微生物によって作られ、他の微生物や生細胞の発育を阻害する有機物質です。つまり、細菌によって作られる他の細菌を害する物質で、この原理を逆手にとって、薬としての役割を果たすわけです。

ということは、抗生物質が効くのは細菌ということになります。ウイルスには、個々のウイルスに対抗する抗ウイルス薬やワクチン以外は効果がありません。

ウイルスはそれ自身の構成や増殖メカニズムが細菌と異なり、抗菌薬や抗生物質を用いた治療はできません。

何度も述べていますが、ウイルスは、「細胞に侵入し、寄生することにより増殖を行う」ので、ウイルス特有の増殖メカニズムに作用する抗ウイルス薬が必要となります

抗ウイルス薬は開発が難しい

抗ウイルス薬は人の細胞を攻撃することもあるため、抗生物質に比べて開発が難しいと言われています

細菌とは?

201701-03-02

細菌の特徴

・細菌の大きさは人の細胞の約10分の1マクロメートル
・細菌はウイルスよりも100倍大きい
・自ら増殖するために必要や酵素や遺伝子を持つ生き物である
・人体に入り込むと細胞分裂を繰り返して自己増殖を始める

有名な細菌

ブドウ球菌、大腸菌、サルモネラ菌、緑膿菌、コレラ菌、赤痢菌、炭疽菌、結核菌、ボツリヌス菌、破傷風菌、レンサ球菌。

有名な細菌による感染症

感染性胃腸炎、腸管出血性大腸菌(O157)感染症、結核、破傷風、敗血症、外耳炎、中耳炎。

もう一度、おさらいすると、細菌に感染すると、細菌が自己増殖しないように、細菌の細胞膜を攻撃するのが抗生物質となります。腸内には、乳酸桿菌、ビフィズス菌、大腸菌、腸球菌、ウェルシュ菌など約400~500種類、約100兆個もの腸内細菌が棲みついています。

ワインには細菌が欠かせない

ワインは「酵母」という菌が糖と共にアルコール、二酸化炭素に変わるという微生物変化によって、その味わいが実現されます。発酵食品と呼ばれるものは、酵母という菌が、自らの

パンやチーズ、日本酒、しょうゆ、味噌などの発酵食品と呼ばれるものは、酵母や細菌が持つ酵素が素材と交わり、素材に変化が起きることにより、新たな食品に変わります。言ってみれば、酵素とは化学変化の素材であり、発酵とは酵素によって化学変化することです。

「消化酵素」という単語もありますが、これは、人間が食べ物を食べ、消火する際に、食べ物に変化をもたらす素材ということになります、栄養素によって炭水化物分解酵素、タンパク質分解酵素、脂肪分解酵素などに分けられます。今ではサプリメントとして酵素の利用が一般化されていますよね。

そう考えると、菌とは私たちの生活に密接に関わっているということが理解できますね。

感染と伝染の違い

この記事でも、感染という言葉を何でも用いていますが、ウイルスや細菌を語るうえで、感染や伝染という言葉はよく使われますよね。

感染とは、「微生物が体内に侵入し、体内で増えてからだの中に居つづけること」を言います。そして、下痢や発熱などの症状が現れてくると「感染症」にかかったと言います。感染症のうち、ヒトからヒトへ、あるいは動物からヒトへうつり広がるものを「伝染病」と言います。

最後に

以上、ウイルスと細菌の違いを分かりやすくまとめてみました。自分の生活により密接に関わっているイメージが湧くと、色んな知識も覚えやすくなります。

いろんな環境の知識に触れる際は、自分の生活に密接に関わっていないかをイマジネーションする癖を付けると、知識がどんどん吸収できるようになるでしょう。ぜひ、今回の記事も参考にしてみて下さい。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK