企業が風量発電に投資する際に気を付けるべき5つのこと

企業が風量発電に投資する際に気を付けるべき5つのこと

投資の新たな選択肢の1つとして注目されているのが、風力発電。太陽光発電に対して、取り組んでいる企業も少なく、将来性もあることから、投資としては魅力的に映るかもしれません。

そこで、今回は、企業が風力発電に投資する際に気を付けるべきことを、5つにまとめてみました。

1、投資のシュミレーションの質と量を増やしているか?

風に託す、風にフィードバックを貰うのが、風力は発電への投資です。

場所によっては利回り16%以上の投資効果が見込まれる一方で、場所の選定を間違えると、投資に失敗してしまうリスクがあります。しかし、これは市場に託す株式投資も同じことが言えます。
風を読む方がラクなのか、市場を読む方がラクなのか?

一番、大事なのは風力発電の設置場所です。

また、最近では、土地付き分譲小型風力発電というのもあります。土地付き分譲小型風力発電は、広い敷地に風力発電機を設置し「土地とセットで風力発電所を購入すること」です。自分で風のある土地を探し、更に風力発電機を設置できる施工業者を探し出すのは非常に長い道のりを要する作業になるため、土地付き分譲小型風力発電は、作業の煩雑さが一気になくなります。

2、多くの人から最新の情報を聞き出せているか?

風量発電の投資を決める前に、いかに多くの専門家からの情報を聞き出せるかが大切です。

場合によっては、風力発電の投資の性質と、会社の体制がマッチしないということもあります。

投資として、魅力的な風力発電だとしても、その魅力をさらに磨くも、傷をつけるも、企業の運用・管理・保守次第です。

3、社内にきちんとした担当者を確保できるか?

購入して、一時的に放置して、毎月、定額を得られる。風力発電は、こういったシンプルなものではありません。なぜなら、投資の場は「自然」です。自然は常に予期せぬ方向へ動く可能性があります。

そこで、社内で柔軟に動ける風力発電の担当者の存在は必須です。担当者を形だけ設置して、普段の実務に追われてぜんぜん対応できないのであれば、運用や管理を外部委託したとしても、委託先との連絡ですらスムーズに行かずに、不利益を生むことすら考えられます。

投資というのは、基本は運用能力、継続的、もしくは、断続的に作業を行える安定感のある人や企業が向いているのです。

4、リスクマネジメントは考慮されてあるか?

攻めの姿勢で、風力発電を投資として行うのは良いですが、風力発電の導入によって、社内に与えるリスクやネガティブな要素をきちんと、ピックアップする必要があります。

リスクの算出と運用設計は、導入時だけでなく、導入前の調査時点、運用、管理、保守の時点でも考えられます。

風力発電機が大きな災害に見舞われたという分かりやすいショックだけが、リスクではありません。小さなリスクから大きなリスクを、風力発電投資のあらゆる段階で、考慮するようにしましょう。

5、社内成長への投資に置き換えるべきではないか?

新しいことへの予算は確保しやすく、既存の分野の予算を増やすという考えになりにくい経営者や決済権者の方もいます。

投資としての視点に立った時に、社内で使える金額について考えが行くようになり、支払い目的が投資のみに縛られたまま、お金の使い先を選定してしまうこともあります。

使える予算に気づいたとき、投資が本当に優先すべきことなのか、会社のフィロソフィーに沿っているのか、投資の金額を社内の本来の事業成長へ置き換えるべきでないかなど、いろいろと考慮してみましょう。

最後に

以上、企業が風量発電に投資する際に気を付けるべき5つのことについて、説明してきましたが、いかがでしょうか?

風力発電については、本サイトECORACY(エコラシー)でも、様々に公開していますので、ぜひ、参考にしてみて下さい。




コメント01005 PV
CATEGORY :

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK