諸外国のエコ事情

Category
エコは楽しみながら、削減だけでなく循環へ
時代と共に推移するファッション業界のエコ事情 ファッション業界は、製造、輸送、消費、廃棄という各過程で環境に負荷がかかり、特に近年では大量生産・大量消費の傾向であることが問題視されています。 その中でも、早くからエコに取...
「炭素のダイエット?」韓国の環境への取り組み!
韓国でも環境問題の解決に取り組む動きが進んでいて、最近はテレビCMも放送されているようです。今回ご紹介するのは、「カーボンダイエット」というタイトルのCMです。聞きなれない言葉かと思いますが、「カーボンダイエット」で減ら...
温暖化でワインの味が変わる?地球温暖化とワインの関係
ワインは、非常に繊細な生産物です。ワインは人の手で造られる飲み物というよりは、天の恵みを人が最大限に生かした、自然を反映した恵みだと言えます。 ワインの品質は、ブドウが醸造所に届いた時点で大方決まっている こんな言葉も言...
ベルギーってどんな国?ベルギーが分かる知識集
2016年は日本・ベルギー修好通商航海条約が締結されてから150年目にあたる節目の年。 7月のベルギーの首都ブリュッセルにある世界遺産の広場グランプラスで行われる夏祭り「オメガング」には、日本も招待され、、戦国時代の甲冑...
環境で定番のレイチェル・カーソンってどんな人?レイチェル・カーソンまとめました!
沈黙の春とは? レイチェル・カーソンが著した『沈黙の春』は、合成化学薬品であるDDTのような殺虫剤を無制限に思慮なくばらまき続けていると、やがて春が来ても鳥もさえずることなく、虫の音すらも聞こえない沈黙した春を迎えるよう...
13635 PV
中国は意外とエコが盛ん!?中国の環境・エコ事情について
中国と言えば、製造業や工業などの問題で、日本の食や大気などの環境も影響を受けていますよね。中国の環境問題は、日本の環境問題であるとも言えます。 そこで、今回はあまり知られていない中国の環境・エコ事情について説明していきた...
人口爆発のホント。発展途上国の人口爆発の原因と先進国がやるべきこと
世界の人口の推移 西暦元年、人口1億人。 西暦元年から、1000年経った西暦1000年は人口2億人。 西暦1000年から、900年経った西暦1900年は人口15億人。 西暦2000年から、100年経った西暦2000年は人...
79901 PV
PM2.5は何が危ないの?中国からの汚染と国内の影響、正しいマスク対策について
PM2.5とは、自動車の排気ガスなどに含まれる直径2.5マイクロメートル以下の微粒子の総称のことです。スギ花粉が約30μm(マイクロメートル)、黄砂が約4~7μmに比べて、PM2.5は、2.5μmですから、かなり小さい粒...